仮想通貨

仮想通貨の考察

仮想通貨はバブルなのか?ビットコインやアルトコインとは?リスクは?

 

【仮想通貨で一番大きいのはビットコイン】


何かと有名になっている仮想通貨ですが、最大のものは一番有名であるビットコインです。まさに仮想通貨の基本ともいえるものであり、市場の占有率でいっても最も大きいです。まず、最初に仮想通貨といいますと想像されるものになります。しかし、仮想通貨とはこれしかないわけではなく、いくつかの大きな仮想通貨があります。何百億円単位の時価総額のものがあります。有象無象の仮想通貨が発行されており、ビットコイン以外のものをアルトコインといいます。或いはオルトコインともいいます。これはビットコイン以外の仮想通貨の総称であり、これがアルトコイン、と決まっているわけではないです。ビットコインではないものはすべてそう呼ばれる対象となります。その中でも特に小さいものを草コインともいいます。これから爆発的に利益を得ようするのであれば)とは草コインが良いとされているのはそれが理由になります。

【仮想通貨はバブルなのか】


爆発的に価値が騰がった仮想通貨なのですが、下がっていることもしばしばあります。その事からバブルでは、と言う懸念があったわけですが、そんなことは言うまでもなく、バブルではあります。しかし、国際間の決済手段として有効的な技術であるのは確かですし、今のところは投機の対象としてのみの価値しかないようなものではありますが、徐々に企業が物やサービスの対価としての受け取りに使用することも増えていますから、必ずしも投機のみの対象になっている、というわけではないです。バブルであるのか、といえば異常なまでの価格のつりあがりは間違いなくバブルなのですが、だからこそ、今のうちに購入しておく、と考える人が後を絶たないのもまた事実になります。

【技術的なことに関して】


仮想通貨の成立に関わる最も大きな特徴といえばブロックチェーンです。これがあるからこそ、仮想通貨というのは基本的に信頼ができる、とされているわけです。簡単にいいますとすべての取引の履歴が残されています。それも中央管理というわけではなく、様々な世界中のコンピュータによってそれが記録されているものであり、その記録の単位をブロックと呼びます。そして、そのブロックがチェーンのように繋がっているから、ブロックチェーンと呼びます。これによってその仮想通貨のデータが正しいのかどうか、ということを判断できるようになりました。これが根本的な技術の革新であり、様々なデータ管理にも用いられるようになっています。

【仮想通貨の目的は?】


今は多くの人が仮想通貨を投機目的で購入しているわけですが、当然ながらそれが目当てで設計されたものではないのです。今は世界中でまさに国ごとに通貨があります。基軸通貨ともいわれるアメリカドルによって基本的に決済がまずはされて、その後、その国の通貨に直すということがされているわけですが、これがとにかく時間がかかりますし、手数料もかかるということで、それを改善するようにしたいと考えたのが仮想通貨なのです。国際的な取引において数分で決済を終了させることができる、というのは確かに魅力的であるといえるでしょう。最大の問題は普通の通貨同様、そもそも相手がそれで受け取ってくれるのか、ということであり、今日と明日、明後日の相場が極端に違うことがない、ということが求められることになります。外国為替の相場もよく動きますが、それでも一日で何割も動くことは殆どないです。しかし、まだ仮想通貨はそのくらいの割合であれば動くことが多く、決済としては不安定すぎる、ということが難点としてあります。今後、相場が安定すればこれからますます普及する、とされているのはそれが理由です。

【盗難などのリスク】


先ごろ、問題になったのが盗難などのリスクであり、これは今はどうなっているのか、ということが不安でしょう。実際問題として問題なくセキュリティ的に完備されている取引所は多くあります。盗まれた、ということよりもそちらのほうが恐いところになります。盗まれる、というアクセス、ハッキングというのは常に取引所であれば晒される脅威としてはありますし、そんなに珍しいことではないです。今現在の取引所のセキュリティレベルとして最大のものであれば、盗んでもそれを使えなくする、ということはできるようになっていますから、キチンとしているのであればほぼ問題ないことになっています。

【買うべきなのか?】


仮想通の未来としては何かと暗いイメージが今ではありますがそんなことはないです。偽造されない国際通貨、ということを目指している部分においては非常に期待できるものです。投機的なメリットがあるのか、ということに関してはなかなか難しいことではありますが、そちらを期待するのであれば草コインにする、という手段もあります。買う目的によってビットコイン以外も狙う価値はあることでしょう。