初心者の仮想通貨

仮想通貨の仕組み、種類、取引所、ニュースなど書いていきます。20代後半SEがイーサリアム取引体験を元に書いてるブログ。

初めての仮想通貨でコインチェックを利用、1週間で2倍にしかし、取引停止で2分1に、、、

コインチェックでリップルを開始

今から約半年前に仮想通貨に手を出しました。
キッカケは、上司からの勧めです。
ニュースなどで見たことがあるくらいで全くの無知でしたが、興味があったり、社会勉強のつもりで始めました。

取引所はコインチェックです。
コインチェックはリップルオンリーでした。
投資金額は10万円です。
初めて、1週間ほどで、チャートは常に右肩あがり、20万近くになりました。
正直驚きでした。
こんな簡単にお金が手に入るのかという、気持ちでした。
毎日チャートを見るのが楽しみでもありました。
どのコインが上場し、どの企業が仮想通貨と取引をするのかなどニュースに関心を持つようにもなりました。

NEM盗難事件

そこから、しばらくたち、コインチェックのNEMの盗難事件がありました。

NEMコインに限らず、全てのコインの取引が停止になりました。

待っておけば、また復活するだろうと思っていたのですが、その間にチャートがどんどん下がっていきました。

出金したくても出来ず、ただ見ておく事しか出来ませんでした。

今では、4万ほどに下がり、取引は再開されたのですが、流石に出金出来ないです。

伸びるのを待っています。

しかし、まだ長い目で見てみると、挽回のチャンスはあると思います。

中国規制による暴落

ビットコインだけでなくイーサリアム、リップルなどのアルトコインも軒並み20%近い下げとなっています。

これは韓国が仮想通貨取引規制を行うと発表したと思ったら、今度は中国政府が「仮想通貨取引所などのオンラインプラットフォームやモバイルアプリの規制の対象にするというニュースが流れた事によるものだそうです。

さらに中国はマーケットメーカーとして決済の便宜を図っている個人や企業も規制の対象にするとのことで今回の規制により、中国国内及びオフシェアにおいて中央取引を可能にするプラットフォームへのアクセスが遮断される。

そんな環境ですが、今回の暴落はある意味チャンスと捉えている方も多い見たいです。

投資初心者が多く参入しているという現状。どっかのプロ投資家とかヘッジファンドとかはまだほとんど参加していません。

だから、価格の変動が大きいし、「ビットコインを多く保有している数%の富裕層の動き次第で価格は大きく変動する」という状態なんですね。

ロジャー砲

例えば最近噂されているのは、「ロジャー砲」。

膨大なビットコインを保有しているとも言われている資産家「ロジャー・バー」がイッキにビットコインを売ってビットコインキャッシュを買うんじゃないか?と噂されています。

もちろん、少し長めの期間下げ続ける事もありますが、長くても1〜2ヶ月くらいの期間があれば元の水準以上に戻しているのです。

チャートで見ると暴落の頻度が少なく見えますが、実際短期間で10%以上の暴落を起こす事は「月1以上のペース」で起こっています。

なので1ヶ月〜数ヶ月程度の中期間での投資を考えている方は、短い期間(1日〜5日くらい)で10%以上の暴落が起こったタイミングでビットコインを購入するのがいいでしょう。

いろんなコインの価格が2ヶ月以上巻き戻ったイメージですので、買い増しチャンスでもあるかもしれません。

こういう大きく下がった時に買い向かえる人が、億万長者になれるともいわれます。

しかし、分裂問題は解決しておらず、どこまで下がるかはわかりません。

こんなときは、一旦売って逃げるのも手です。

アンタが投げたソコが底?

ところが、「アンタが投げたソコが底」という言葉もあります。

特に4月5月から始めた人の中には「買えば上がる」と思っている人もいるかもしれませんが、相場は常に右肩上がりではなく、上下動を繰り返すものです。

今回の下落相場は、数年スパンの長い目で見れるのであれば、安い時に多く買えるチャンスかもしれません。