仮想通貨

仮想通貨の考察

夢の国際通貨、仮想通貨。でも、靴磨きの少年が仮想通貨の話をしだしたら、危ない!!

 

・最初の最初は買えば騰がる

20179月、私はビットコインで投資している同僚と話をした。

私はもともと為替でFX1年くらいやっていて、投資初心者。

同僚も投資初心者だった。

仮想通貨の仕組みとか、どういう風に作られたとか難しいことはよくわからなかったけど、仮想通貨の将来性に興味を持った。

 

為替同様、まずは口座開設からだ。

どこがいいのかわからなかったから、まずは、一番有名なビットフライヤーの口座開設をした。

この時期は仮想通貨のことは、あまり知っている人もおらず、ギャンブルだと言われていた。(今もそうだけどw)

初期の投資額は、あまり言いたくはないが3万円。

1bit50万円くらいのときだったから、0.05bit購入した(恥ずかしい・・・)

それが、11月くらいには80万を超え、15000円の儲けが出た。

あの時は、上がる一方だったから、買えば儲けた。

15000円の儲けたお金は、仮想通貨のコミュニティのオフ会の飲み会代になった。

100万円まで上がった12月だった。

 

・危険の予兆

ビットフライヤー、Zaif、コインチェック、GMOBitbank、フィスコ。

私が口座開設をした取引所だ。為替もそうだが、たくさんの取引所の中から、使いやすい会社を選ぼうと思った。

ビットコインはハードフォークの問題などを乗り越えながら、順調に値上がりしていった。

このころには、私はモナコイン、リップルなど他の仮想通貨にも興味を持ち、少しではあるが、分散して投資していた。

 

・ウォール街の靴磨きの少年

1929年のニューヨーク株式市場。アメリカではそのころ株式が流行していた。

靴磨きの少年のような一般大衆が株式の話をするようになったら、相場が天井だという話。

 

仮想通貨も知名度もあがり、TVCMでもビットフライヤーに始まり、Zaif、コインチェックもTVで見かけるようになったころ。

ふと、嫌な予感がした。

今や仮想通貨がらみの犯罪や、億り人という言葉もでき、一般の主婦層までも仮想通貨が浸透してきている。

まずい、まずいのだ。この状態は・・・。

少し投資を勉強してレベルアップしていた私は、危険を感じた。

「仮想通貨は、これから何か起きる。」

 

・予感的中!

12月末、ビットコインは200万円を超えた。

いつも情報交換をしていたチャットでもお祭りだった。

だがしかし、私は危険を感じていたので、すべての口座から、ポジションを手仕舞いした。

チャット内では、これから300万円になるのにとか、下手くそと言われた。

 

結果、年始から、ビットコインは価値が下がり始め、とどめになったのがコインチェックの事件。

嫌な予感は的中した。

ネムは、コインチェックで買っていた。

年末に手仕舞いし、日本円もビットフライヤーに移したことが、幸運だった。

これが、生活費を全部投資していたら・・・

あのとき、直感に従わず、買い続けていたら・・・

やはり、投資は余剰金で始めるべきなのだと痛感した。

 

大手企業や個人でも巨額の投資をする人が増えたためか、仮想通貨は、初心者では儲けを出しにくい投資商品になってしまった。

今やビットコインは、70万円~90万円を行ったり来たりしている状態。

プロの投資家が参入したため、「買えば儲かる」時代は終わったことを感じた。

 

・夢の通貨

現在は、為替FXで投資の実践をしつつ、ときどきビットフライヤーでFXで遊んでいる。

勝てるなと思うときに、売り買いし、わからないときは、静観する。

そうしたところ、少しずつではあるが、マイナス分を取り戻している。

投資は根気が必要なのだ。

 

今でも仮想通貨にも未来はあると思っている。

ただ、それがビットコインではない可能性が高い。

仮想通貨の概念は素晴らしいものだ。

国同士が共通の通貨で買い物できる、夢のような通貨だ。

ぜひ、世界の共通通貨として、新しい仮想通貨を作ってほしいと切に願う。