仮想通貨

仮想通貨の考察

あなたも巻き込まれるかもしれない。仮想通貨取引で初心者が一番注意したい事とは何か?

 

1、日本に対する安全神話的考え

 

日本は大丈夫と思っていませんか?

 

これは一般的な質問です。

 

日本人の多くは全てに置いて日本に信頼をしています。

分かりやすい所でいえば、電化製品です。

 

外国の商品はすぐに壊れるのではないか、日本製であれば安心と思う方は

多いのではないでしょうか。

 

その考え方は、仮想通貨取引所を選ぶときも同じことが言えます。

 

仮想通貨取引をする際には口座開設しなくてはなりません。

別に海外の取引所でも口座開設は出来ますし、手続きが完了すれば

取引もできます。

 

しかし、ほとんどの方は日本の取引所を選ぶのではないでしょうか。

それは、心のどこかで日本の取引所であれば大丈夫と考えている方が

多いからではないでしょうか。

 

しかし、その事件は起こってしまったのです。

 

2、コインチェック事件の衝撃

 

ハッカーによるコインチェックのネム盗難事件は、日本に衝撃を与えました。

仮想通貨業界でハッカーによる被害はとても多く、海外では

常にハッカーの被害にさらされています。

 

日本でもマウントゴックス事件がありましたが、それ以降セキュリティーの精度は

各段に上がりました。

一度起きたミスは繰り返さない所が日本の良い所だと思っていたのですが

 

コインチェック事件が発生し、その考えが崩壊しました。

原因は人材不足、セキュリティーの精度以前の問題であり

防げたかもしれない案件でした。

 

この事件から日本の取引所も海外と同様に安全と言えなくなってしまったのです。

 

3、国の対応は?

 

2018年G20で仮想通貨も取り上げられました。

問題はあるものの規模が他の投資市場に比べ小さい事から

廃止は免れましたが一定の規制は必要だという見解で一致しました。

 

そして、金融庁は日本の仮想通貨取引所の取り締まりに力を入れることになったのです。

 

4、私が開設したコインチェックは

 

事件当時私はニュースで知りました。

サイトに入り、購入していたビットコインを売りたいと思っていても

何もできない状態が続きました。

 

幸い投資していた金額が少ない事、そしてのちにビットコインの被害では無かったため

ネム購入者ほどの損失は無かったことは不幸中の幸いでした。

 

しかし、ビットコインは暴落し対応が遅れたことから

損失は免れませんでいた。

 

今でも、テレビを見つめながらの緊張感と脱力感は覚えています。

どうにもできないという絶望はもう経験したくはありません。

 

5、事件を通して学んだこと

 

日本の取引所だから安心という考え方は改めるべきだと感じました。

仮想通貨取引を始めるに当たり多くのリスクを知っておく必要があります。

 

また、取引所選びには最新の注意が必要であることも確認しなければいけない所です。

 

取引所を選ぶ際にセキュリティーの事よりも取引所の利便性や取り扱っている通貨、

期間限定のキャンペーンに目を奪われていないでしょうか。

確かに取引所を選び際には重要です。

 

しかし、セキュリティーを後回しにしては意味がありません。

利益が出てもセキュリティーが破られ盗難に遭っては意味がないのです。

手数料の安さも魅力の一つですが、それは口座開設者を増やす為であり

小さな取引所が使う手法です。

 

もちろん小さな取引所にもメリットは存在しますが、その取引所が

数少ない人員からどれだけセキュリティーにまわしているのかは

外からでは分かりません。

 

手数料は高くてもセキュリティーの高いであろう大手の取引所を選ぶのか

リスク覚悟で利便性の高い取引所を選ぶのかは最終的に自己責任になるのです。

 

6、まとめ

これから仮想通貨投資を始めてみたいと思っている方も多いと思います。

慣れないうちは少額投資が良いのではないでしょうか。

 

仮想通貨投資は、何が起こるか分からない市場です。

それを肌で感じるためにもある程度時間をかけて慣れる必要もあるのです。