初心者の仮想通貨

仮想通貨の仕組み、種類、取引所、ニュースなど書いていきます。20代後半SEがイーサリアム取引体験を元に書いてるブログ。

今後の仮想通貨についてビットフライヤー社長が語った内容とは

 

近年は仮想通貨が話題になっていて、世界中で人気が高まっています。仮想通貨のバブルが到来したことによって、取引量もここ数年間で一気に倍増しました。日本で有名な仮想通貨取引所であるビットフライヤーの加納社長は2018年の1月にテレビに出演して、今後の仮想通貨の動きについて簡単に取り上げてくれました。

 

社長がまず最初に語ったものは、今後の仮想通貨の価格についてです。日本では2017年に仮想通貨導入法が制定されてから、ビットコインの価格は数十倍にまで跳ね上がるバブル現象が起こりました。ビットコインが誕生の頃はわずか一円にも満たなかった価値が、2017年の12月には一時的に200万円を超えるまで価格が急上昇しました。しかしその後は価格の調整に入ってまた暴落を繰り返しているため、このことからビットコインは非常に価格変動率が激しいと考えられます。例えば去年渋谷の繁華街で仮想通貨を購入した人にインタビューを行ったそうですが、50万円で購入したアルトコインが2億円程の価値になっていたという人も少なくありません。このような体験談が各地に広まって、ビットコインはある意味で投機目的のために購入する人が増加していると考えられます。しかし2018年からはビットコインの時価総額は100万円以下にとどまっていて、暴落傾向に入っていると社長は強く語りました。これは価格が一時的に上昇したことで、一部の投資家がビットコインを売却したことによる現象であることが分かります。ビットコインの価値も私たちが使っている円と同じように、需要と供給の調整によって決まるものと考えて良いでしょう。現在では多くの人がビットコインに興味を持って購入したため、価値が一気に暴騰したということです。今後は人気は下がらなくても売却をする人も出てくるため、価格が暴落する可能性を指摘しています。

 

そして次にビットコインを保有することで得られる利点にも軽く触れてくれました。日本人はビットコインを中心とした仮想通貨を信用していない傾向が強いといいます。それは日本という国自体が経済大国であることが一番の理由でもあります。私たち日本人が使用している円は米ドル、ユーロに次ぐ世界で三番目に流通する非常に価値が高い通貨として知られています。また日本は世界的にも平和な国であるとされていて、民族紛争やテロがめったに見られない極めて安全な国の一つでもあります。国が安定しているとその国の通貨の価値は高くなります。

 

私たちが使っている1万円札について考えてみましょう。実際にこれは原価が22円で作られているただの紙切れです。それでも一万円としての価値があるのは信用がそれだけ高いからです。国が乱れている場合は、この一万円札も全く価値のないものに変わってしまう可能性も十分に考えられます。クリミア半島では内戦が勃発していた時期があったため、ウクライナの通貨は暴落しました。このような国では自国の通貨の信用が低くなっているため、ビットコインを保有している方が将来性が高いと考える人が多いと言われます。

 

このことを考えると、ビットコインを保有するメリットはあるのかと疑問に感じる人も多いのが現状です。ビットコインのような仮想通貨は日本円と比べると信用が低いのは確実なのにも関わらず、なぜビットコインの将来性があるのかが一番重要な点でもあります。しかしビットコインは普通の通貨とは異なるシステムであるため、場合によっては使用しやすい点があります。ビットコインは金融機関を介さないため、わざわざ銀行に預ける必要がなく、マイニングというブロックチェーンによって利用者がお金を管理する仕組みになっています。そのため、送金手数料が圧倒的に安く抑えられることで、コストを大幅に削減する事が可能です。またビットコインは国に属さないため、それぞれの国で両替する必要がありません。今までは海外に行く際は空港などで両替しなければなりませんでしたが、ビットコインがより世界中で拡大していくと多くの人がショッピングをする際に便利な社会になると予想されるでしょう。

 

最後にビットフライヤーの社長は今後の日本についても語りました。まだ仮想通貨に対する関心が低い日本ですが、2020年には東京オリンピックが控えています。これからますます東京は国際色豊かな都市に変化していくと同時に、お金の決済手段にも変化が見られるかもしれません。ビットコインによる決済手段が増加することで、外国人でも気軽にショッピングを楽しむことが十分可能な社会が到来するかもしれません。このように日本が先んじて法律を制定したため、それによってお金が集中しているのは事実です。これには世界中の投資家たちも注目していて、仮想通貨のマーケットは日本人が主導しているとまで言われています。ビットコインは世界中の人が1つに繋がることができる、史上初の国際的な通貨なのです。

 

bitflyer.jp