初心者の仮想通貨

仮想通貨の仕組み、種類、取引所、ニュースなど書いていきます。20代後半SEがイーサリアム取引体験を元に書いてるブログ。

ビットフライヤーライトニングの使い方について

 

今はでは投資の1つの方法として仮想通貨を使用する人も増えてきています。

仮想通貨は目には見なくても実在している通貨であり、送金や買い物の際に使用することができます。

また、仮想通貨は価格が変動するため、値動きによる利益を得ることもできます。

仮想通貨を取引するところも増えてきていますが、中でもビットフライヤーは信頼度と安心感で多くの人から支持されています。

ビットフライヤーはセキュリティが2段階認証を用いており、初心者にも見やすいチャートとなっているので、利用しやすいです。

ライトニングライトニングというものも提供していますが、これが何か分からない人もいるかもしれません。

このことについて紹介します。

・ビットフライヤーライトニングとは

ビットフライヤーライトニングとは世界中で盛んに取引されているビットコインのレートを見ることができ、プロ顔負けの高速取引が可能です。

このライトニングを使用することで現物取引とFXでの取引を行うことができます。

ライトニング現物取引では日本円からビットコインを購入したり、ビットコインを売ったりすることができます。

・ライトニング取引のメリット、デメリット

ライトニング現物取引のメリットとしては単純でわかりやすく、初心者でも直ぐに理解することができます。

また、自分の持っている資金以上の取引を行うことはできないので、堅実に取引を行うことができます。

長期保有しても金利などの保有コストはかからないので、安心して預けておくことができます。

ライトニング現物取引のデメリットとしてはハイリターンによる大きな利益を得ることはできません。

売買手数料も0.01%から0.15%かかります。

空売りを行うこともできません。

ライトニング現物取引ならばビットコインを買っておくだけのものなのでのんびりと長期で投資をしたい方におすすめできる取引です。

元本以上の損失を出すこともないので価格変動が大きいビットコインでも堅実な取引ができます。

ライトニングFXの場合は持っている日本円やビットコインを担保にして最大15倍のレバレッジを効かせて取引を行うことができます。

ライトニングFXの場合は少ない資金で大きな取引を行うことができます。

また、現物取引では行えなかった空売りを行うこともできます。

最低取引金額は0.001ビットコインから行うこともでき、手数料も無料となっています。

一方デメリットとしては価格変動が大きいビットコインなので、リスクも大きくなります。

追加証拠金が必要になることもあります。

強制的にロスカットとなって損失を出すこともあります。

このようライトニングFXでは普通のFXと同様にリスクを伴う方法で取引をしていく必要があります。

ビットコインの方が価格変動が激しいため、リスクが大きく、利益を得る場合もあれば損失を出してしまうこともあります。

・ビットフライヤーライトニングの使い方

ビットフライヤーライトニングは現物取引とFXとがあり、クリック1つで画面を移動することができます。

アカウントにログインした後にビットフライヤーライトニングを開きます。

画面上にあるタブを選択をするとライトニング現物取引とFXとを切り替えることができます。

ライトニング現物取引をしたい人は「BTC/JPY」のタブをクリックします。

FXで取引をしたい人は「BTC-FX/JPY」のタブを選択します。

メニュー画面からトレード画面のカスタマイズや入出金の指示を行うことができます。

画面左端にある記号をクリックしてメニュー画面に移行します。

メニュー画面からトレードやチャットルーム、ニュース、経済指標カレンダー、損益履歴、お取引レポート、入出金、ランキング、API、設定を行うことができます。

ビットフライヤーライトニングからあらゆる情報を手に入れることができ、トレード画面の色の変更を行うことやトレード画面をカスタマイズすることも可能です。

また、取引画面の中央に板があります。

タテ中央の数字はビットコインの値段です。

板はビットコインの値段ごとに現在どれくれらいの数量の注文が入っているのか見ることができます。

真ん中上がAskといいビットコインを売りたい人の注文が表示されており、下のBidは買いたい人の注文が表示されています。

中央の白い文字は最終取引価格としてAskBidの差を表示しています。

このような使い方や見方になっています。

・ライトニングのまとめ

ビットフライヤーライトニングでは現物とFXの取引を行うことができます。

あまりリスクを取りたくない人は現物取引、大きな利益を出す自信がある人はFXを選択することができると思います。

画面の使い方も初心者の方は最初戸惑うかもしれませんが、難しくはなく、直ぐに慣れると思います。

ビットフライヤーでは普通にビットコインを購入することもできれば、ライトニングを利用することもできるので、ぜひ検討してみてください。

bitflyer.jp