仮想通貨

仮想通貨の考察

仮想通貨に安心して投資したい方へ、アルトコインであればリップルがおすすめです。 

 

仮想通貨投資をするならリスクの少ないリップル

私が仮想通貨投資を始めたのは昨年の12月中旬です。
それまでは仮想通貨投資存在は知っていたものの
リスクが高くどうせ無くなるのだろうと懐疑的でした。
仮想通貨の基軸通貨ビットコインは日本でも事件があり
被害者も出たことも一つの理由でした。
しかし、昨年の4月以降数万円のビットコインが200万を超えたことに
これはチャンスではないかと思うようになりました。
11月の段階でビットコインの価格は上がっていましたが
リップルの金額はまだそれほど上がってはいなかったので
たぶん来年はビットコインのように跳ね上がるのではないかと思いました。
始める前にリップルの事に関して全く知らなかったので
自分なりにリップルを勉強しました。
その当時は仮想通貨関連の書籍が大変少なかったので
情報を集めるのも大変でした。
そのような個人レベルの情報収集でしたがリップルは
将来的に見ても可能性の高いものだと確信しました。

仮想通貨取引所も良く選ぶこと

仮想通貨投資を始める為には、取引所で口座を持たなければいけません。
仮想通貨投資は非常にリスクが高いので、取引所によっては
セキュリティーの高さが重要になります。
たとえ、大きな利益を得てもハッカーの被害に遭うこともあるのです。
仮想通貨取引所には色々なキャンペーンをしていて
その充実度で口座開設を決める方も少なくありません。
今なら手数料無料とかスプレットが安いなど多くの
キャンペーンがあります。
しかし、そのキャンペーンの裏返しも考えられます。
余りにもキャンペーンが魅力的ということはセキュリティー対策の
人件費を削っているセキュリティーの弱い会社かもしれないのです。
ビットフライヤーは、業界でも大手でセキュリティーにも力を入れています。
絶対ではありませんが安全性は高いと言えます。

リップルの利益は


リップルを買った時は昨年の12月下旬でした。
もう少し前に買いたかったのですが買った時は、リップルはもう動き出していました。
それでも買った時よりも倍になりました。
ただ、リップルもビットコイン同様乱高下が激しいので
動き出したときには常に見ていなければならず案外大変でした。
どのタイミングで売り抜けぬのかは長年経験しなければわからないのではないでしょうか。
私は経験者ではないので満足の行くタイミングでは売れませんでしたが
利益は出たので良かったです。
仮想通貨投資をしている方の中では億り人と言われる方も多いようですが
早くから仕込んでいた方や、もともと掛け金が多い方はかなりの確率で
利益が出たと思います。

今年はアルトコイン元年

昨年はビットコインが暴騰し早くから勝っていた人はかなり利益が出ました。
これは投機的な動きによる暴騰であり、バブルであったことは間違いないです。
今年は、アルトコイン元年と言われています。
アルトコインはまだそこまでの動きをしていないので
予想ではありますが昨年のビットコインのようにアルトコインの暴騰も
あるかもしれないのです。
その中でやはり人気のあるのがリップルです。
仮想通貨の中で送金目的だけの為に作られたリップルですが
他の通貨に比べて実現性の高いものです。
もうすでに世界中の多くの金融機関がリップルを採用しています。
このことからも分かるように期待ができるコインで、
購入金額も小額から購入可能ということも魅力なのです。
コインの能力の高さも重要なのですが、購入しやすいということも
価値が上がる要因です。

投資戦略は

投資戦略は、買ったらひたすら寝かせるというものです。
たまのチャート確認は必要ですが仮想通貨は余りの急激な乱降下に
メンタルが追い付かなくなるので、見ないという事を実践しています。
少額ですが大事な資産なので、増えて欲しいと願いつつその時が来るまで寝かし続けます。

リスク軽減のためのハードウェアウォレット|Ledger NanoS