仮想通貨

仮想通貨の考察

ビットフライヤーでビットコインを持っていたら大損に!保有に失敗した3つの理由を紹介

 

私は、ビットフライヤーを利用してビットコインを保有していました。ちょうど2018年に入ってから、仮想通貨の取引について興味があり、実際に仮想通貨を購入して持っていたのです。ビットコインの安定感は非常に高いと聞いていたので、間違いなく下がることはないだろうと思っていました。
しかし、実際には1月の中頃から急激に落ち始め、ビットコインのレートは一気に下がってしまいました。これによって、私が得ていた利益は損失へと変わり、10万円のプラスは1万円の損へと変わってしまいました。どうして損をすることになったのか、今だから言える3つの問題点を考えました。

1.ビットコインが下がるだろうと思っていなかったことが問題

1つの問題は、ビットフライヤーなどがビットコインの安定性を説明していたのはいいものの、他のサイトを見て情報を集めなかったことが問題だと思っています。
仮想通貨バブルという言葉が、実は色々なサイトで登場していたので、バブル崩壊によって一気に損失が生まれるのではないかという危機感がありませんでした。
もう少し危機感を持って対応していく必要があったと思います。様々なサイトを見て、仮想通貨について勉強をしていればよかったと思っています。
できることなら、ビットフライヤーの口座を作る前に、仮想通貨について情報を仕入れておいて、価値が下がってしまう可能性はないのかをしっかり見ておく必要があると思います。情報収集がしっかり行われていなかったことが、ビットコインの下落に対応できなかった要因でもあります。

2.ビットコインが暴落してからすぐにロスカットを行わなかった

2つ目は、損失を受け入れるのではなく、損失を最小限に食い止めるための対策がしっかり行われていなかった部分です。特に問題だと思っていたのが、ロスカットをしなかったことだと思います。
ロスカットは、自動的にビットフライヤーでも行っているものですが、自主的に取引を終了して、利益や損失を確定させていく方法です。私の場合は、取引自体を途中で終了して、ビットコインの利益を確保しておくことが重要でした。
しかし、取引自体をそのまま見ているだけで、大きく下落してからも放置していたことが問題でした。韓国で仮想通貨の規制を行うなどの情報が出てきてから、即座に対応していれば損失はなかったでしょう。
おかしいなと思ったところで、なるべく取引を止めてしまうことが大事なのかなと、今回の件で考えるようになりました。ロスカットや利益確定などの作業は、早めに行ったほうがいいと思います。

3.暴落していることの情報を把握するまでに時間がかかった

これはビットフライヤーを利用していたというより、ビットフライヤー以外の取引所を利用していたならば、情報を得られていたかもしれない問題です。
実はコインチェックについても利用していた時期があり、コインチェックの場合はどの通貨がどれだけ下がっているという情報を得ることができていました。メールで送信されている情報を見ているだけでも、仮想通貨が下がってきているのかなという思いを持てました。
しかし、ビットフライヤーのメールを見ていなかったことで、ビットコインが暴落していることに気づかないまま、放置していたことが問題だと思います。もし気づけるような状況であれば、すぐに対応できていたはずなので、メールを見なかったことが問題かもしれないと思っています。

長期保有を仮想通貨で考えるより、短期的な取引も検討したほうが安心

取引を通じて感じていたことが、長期保有というものを考えていくのも大事ですが、仮想通貨については短期的な取引で利益を上げたほうがいいのかなと思いました。
実際に短期取引を続けている人が、しっかりと利益を確保できていたようなので、私が長期保有に踏み切ったこともよくなかったのかもしれません。
そして、情報を理解して、速やかに対応する手段が重要なのかなと改めて認識した失敗だと感じています。

 ビットフライヤー公式サイト|口座開設ページ