仮想通貨

仮想通貨の考察

未来をみた時ビットコインはもう古い。次の主軸通貨はビットコインキャシュかもしれない。

 

ビットコインキャシュとは

ビットコインキャシュは、昨年ビットコインから初めて分岐したコインです。
問題はマイニングなどの技術者との意見の違いが問題で作られたコインです。
初めは全く期待していない人も多かったのですがその価格はどんどん上昇し始め
価値の無いとされていたコインが約40万以上の値を付けたほど人気になりました。
ビットコインキャシュは、2018年5月に入り16万まで回復しています。
ビットコインキャシュはビットコインより能力は上です。
ビットコインは、実際お金と同じように使われています。
しかし、送金スピードは遅くたびたび送金によりトラブルが多発しています。
しかし、ビットコインキャシュは、ビットコインよりも送金が早いので
詰まると言ったことは少ないで明らかにビットコインキャシュの方がトラブルが少なく
便利という事がいえます。

ビットコインキャシュへの期待

2018年5月にビットコインキャッシュのハードフォークが予定されています。
ハードフォークとは、容量を大きくするという事です。
今までよりも多くの情報が入り、素早く運べます。
また、イーサリアムの能力であったスマートコントラクト技術も追加されるかもしれないのです。
これは、とてもすごい事なのです。
簡単に言えば今まで仮想通貨コインはそれぞれ持っている能力が違いました。
ですからこれから必要であろう能力にその期待から投資するというのが今までの流れでした。
しかし、ビットコインキャッシュは自分自身の能力をアップさせ、他のコインの能力も
持ち合わせてしまうということが予定されているのです。
もしそれが上手くいけばビットコインやイーサリアムを買わなくても良いのではないかということに
なってしまうのです。
ビットコインキャッシュがこれだけ価格が伸びた理由はいくつかありますが
やはりビットコインという基軸通貨の名前が入っていることが要因と考えられます。
イーサリアムの価格を見てみるとビットコインキャッシュよりも値段が低いのです。
値段だけでは必ずしも比較はできませんが、イーサリアムは能力もとても高く
ビットコインの次に誕生した2番目のコインで歴史もあります。
それだけのコインが、去年誕生したばかりのコインに価格で負けるという事は
やはりネームバリューの重さがあるのだと思います。
私たちが買い物をする時、良いものを買いたいというのは誰しも思う事です。
しかし、比較材料が無い時に当てにするのが有名かどうかです。
とりあえず知っているブランドだから大丈夫だろうという考えで買っていることが
殆どだと思います。
それは仮想通貨業界も同じだという事なのです。

未来の基軸通貨は、ビットコインキャッシュか

ビットコインキャッシュのハードフォークが無事終わった時
ビットコインの存在意義はあるのでしょうか。
現在はまだビットコインが基軸通貨でありビットコインでの買い物が主流になっています。
しかし、仮想通貨業界、たとえばICOなどの購入はイーサリアムですし
銀行の送金はリップルです。
そして、ビットコインよりもはるかに性能の良いビットコインキャッシュが誕生すれば
ビットコインは特に必要もなくなるのではないでしょうか。
専門家の中には将来ビットコインキャッシュが基軸通貨になるのではないかと言っている人もいます。
ビットコインがすぐに無くなるということは無いとは思いますが
いずれ無くなる可能性は高いのかもしれません。

ビットコインキャッシュが基軸通貨になったら

もしビットコインキャッシュが基軸通貨になったらビットコインと入れ替わるという事になります。
ビットコインの価格が2018年5月に入り100万円前後ですから
その価格に入れ替わることも、今すぐにではありませんが考えられるという事です。
今のビットコインキャッシュが約15万円ですからすごい事になりそうです。

 

 

QUOINEX公式サイト|口座開設ページ