仮想通貨

仮想通貨の考察

まだ間に合うかもしれない。一攫千金を狙うなら外国仮想通貨取引所の利用も一つの手です。

 

仮想通貨ブームは終わったのか

昨年のビットコインの上昇は予想をはるかに越えるものでした。
数万円のビットコインが200万円を越えるまでになりました。
これだけ急激な短時間の伸びは誰も予想はしていませんでした。
しかし、一気に暴落して70万円を切る所まで落ちました。
ビットコインバブルが弾けた瞬間でした。
また、2018年に入りコインチェックのネム流失事件があり
仮想通貨におけるブームは終わりかという噂も流れました。
2018年の仮想通貨業界は、昨年のようなビットコインの動きは期待できないようです。
G20で仮想通貨が話し合われ辛くも仮想通貨の廃止はなくなりましたが
以前今までのような勢いはなくなっています。

仮想通貨業界の今の状態は

仮想通貨業界は以前のイケイケどんどんという雰囲気は無くなりましたが
なぜ昨年はバブルになったのでしょうか。
それは、仮想通貨がただの投機目的だけの存在だったという事です。
そんなことがいつまででも続くわけがありません。
いずれ正常に戻るということなのでバブルが弾けたからと言って
仮想通貨自体が悪い訳ではないのです。
仮想通貨はいまや1000以上の種類のコインが存在していますが
その中で主要コインは存在価値の高いものです。
我々の生活を豊かにしてくれるものであり、これからが仮想通貨の本来の姿が
見えるという事なのです。
仮想通貨投資においても、これからは仮想通貨だから投資ではなく
技術が素晴らしい仮想通貨のコインだけが価値のある本来の投資の形になっていくと思われます。
G20が仮想通貨を廃止しなかった訳は、仮想通貨の可能性を信じているということに他なりません。
いま、世界は仮想通貨を規制しながらも健全なものにしようとしているだけなのです。
時間は掛かると思いますが、徐々に仮想通貨全体が良くなるといえるでしょう。

今からでも仮想通貨で利益は出ないのか

今年はアルトコイン元年と言われています。
それだではなく今年は大きな会社が続々仮想通貨業界に参入予定です。
これが何を意味しているのか、それは仮想通貨取引所が出来ればそれだけ利用者が
増えるという事を意味します。
投資者が増えれば仮想通貨の価格も上がりますから、以前の仮想通貨購入者は
利益が出るという事になります。
昨年も多くの取引所が日本に誕生しましたが、すまし業者も多かったことから
トラブルも多発していました。
しかし、今では財務省が規制に乗り出しセキュリティーの高い取引所だけが
誕生する仕組みが出来つつあり、安心して投資できるのも時間の問題でしょう。
また、悪いニュースや噂が流れた時、一瞬にして半分の値段まで落ちることも
当たり前でしたが、最近ではそこまでの過度な反応が無くなってきました。
こういった事も、今後投資者が投資しやすい環境になりつつあると言えます。
ですから、今から仮想通貨投資の新たなスタートと言えるのではないでしょうか。

今からでも一攫千金を掴みたい

仮想通貨投資の中には、一攫千金を夢見る方もまだ多く見受けられます。
昨年は億り人が多く出たようです。
今からでも仮想通貨で大儲けしたい方は日本では難しいかもしれません。
多くの資金があれば別ですが数万円で数千、数億というのは日本では難しいです。
しかし、海外の仮想通貨取引所ならば可能性は残っているかもしれません。
日本よりもリスクは高いですが俗にいう草コインと言われるものです。
一円にも満たない、無くなってしまうコインを買うやり方です。
有名なビットコインも昔は価値の無いものでした。
しかし、今では100万という値が付いています。
どの草コインが上がるかは正直誰も分かりませんが、宝くじを買うつもりで買ったものが
将来すごい金額になれば一攫千金も夢ではないかもしれません。

QUOINEX公式サイト|口座開設ページ