仮想通貨

仮想通貨の考察

仮想通貨の現物購入は簡単でしかも少額購入が可能、そして仮想通貨FXとの大きな違いについて

 

・ビットコインなどの仮想通貨の取引には現物取引とFX取引がある

仮想通貨の取引には、現物を売買する「現物取引」と、価格差を狙う「FX取引」があります。

現物取引は、普通に仮想通貨を購入し、価格が上がって売却すれば利益が出るものです。

一方FX取引は、通常のFXは円やドルなどの法定通貨で行われますが、仮想通貨FXはそれを仮想通貨で行うものです。

ビットコインは、現物取引とFX取引をすることが可能です。

ビットコイン以外のアルトコインに関しては、現物購入のみでFX取引はできない仮想通貨取引所もあります。

アルトコインのFX取引ができる仮想通貨取引所もありますが、アルトコインの種類は限定されています。

その中では、DMMビットコインはかなり多くのアルトコインでFX取引ができます。

 

・仮想通貨の現物取引とFX取引ではリスクが大きく違う

主な仮想通貨取引所では、ビットコインに関しては現物取引とFX取引をすることができるため、仮想通貨の取引をする人は自分自身の目的に応じてそれらを選ぶことができます。

仮想通貨の現物取引と仮想通貨FXは、リスクの度合いがかなり違っています。

仮想通貨FXはレバレッジをかけることができるため、実際の証拠金以上の額の取引ができます。

レバレッジは仮想通貨取引所ごとに設定に違いがあります。

例えばビットフライヤーでは最大で15倍のレバレッジをかけることができますし、ビットポイントでは最大で25倍のレバレッジをかけることができます。

仮想通貨のレバレッジの値については、任意で数値を低くすることも可能です。

FX取引は証拠金よりもはるかに大きな額の取引ができるため、利益が出た時には大きな額になる反面、損失を出した時にも大きな額になるため注意が必要です。

特に仮想通貨は値動きが非常に激しく、一日で10%以上も値が動く時もあります。

仮想通貨取引所では強制ロスカットのシステムもありますが、十分に注意して取引を行う必要があります。

 

・ビットコインやアルトコインの現物取引は仮想通貨の価格が上がった時に利益が出る

現物取引はレバレッジがないため、通常のリスクの範囲内で済みます。

ただでさえ値動きが激しいため、仮想通貨では現物取引でも通常の投資に比べて高い利益を得ることも可能です。

現物購入の場合はまず仮想通貨を購入して、それから時期を見て売却するという形になります。

しかしFX取引に関しては、売りから入ることもできます。

現物取引は価格が上がって利益を出すものですが、FX取引は価格が下がった時でも利益を出すことが可能です。

そのため現物購入よりも相場の値動きに振り回されてしまうことが多いため、十分にリスク管理の意識を持つ必要があります。

 

・ビットコインなどの仮想通貨の取引で意識しておきたい現物購入単価と手数料のこと

ビットコインをはじめ仮想通貨の現物取引は、それぞれの仮想通貨取引業者の画面から行うことができます。

1ビット以下の小数点単位での購入も可能ですので、少額購入から始めることもできます。

例えばビットフライヤーでは、簡単取引所を使用した場合、ビットコインで最小発注数量は0.001BTCになります。

そして実際に購入する際に意識すべきことは、手数料とスプレッドです。

手数料は売買の際にかかるものです。

スプレッドとは売値と買値の差額で、その差の分は取引ごとに引かれるため、それも実質的な意味で手数料の一種になります。

売買手数料を無料にしている仮想通貨取引所もあります。

またスプレッドに関しては仮想通貨取引所ごとに違いがあるため、できるだけ狭いスプレッドの取引所で取引をすればその分の手数料を抑えることができます。

 

・ビットコインやアルトコインの「販売所」と「取引所」の違いについて

ビットフライヤーの場合は販売所と取引所に分かれています。

販売所の場合はすぐに仮想通貨の売買が可能ですが、その分スプレッドも広いのが特徴です。

一方取引所は、仮想通貨を売りたい人と購入したい人の希望が合致した時に取引が成立するため、場合によっては取引完了まで時間がかかることもあります。

その分スプレッドは狭くなっているため、手数料的に有利です。

取引所のみを設置している仮想通貨取引所も多いです。

現物購入をした後は、値動きの状況を見て、ロスカットや利益確定の売却を行います。

運用に関しては、簡単に売買しない長期運用もあれば、短期で売買する短期運用もあり、それぞれの目的に応じて運用方法も違ってきます。

仮想通貨の購入も売却も、どの業者の取引画面を使っても簡単な操作でできます。

ビットフライヤー公式サイト|口座開設ページ