仮想通貨

仮想通貨の考察

イーサリアムの特徴であるスマートコントラストを活かすと新しいビジネスモデルの創造のチャンスが出てくる!

 

ビットコインがメジャーになってから久しいのですが、次の仮想通貨として注目されているのが、イーサリアムです。

イーサリアムって?

イーサリアムは、仮想通貨の代表格のように扱われているビットコイン以上に注目を集めている仮想通貨です。

今では仮想通貨は1,000種類以上も現れていますが、その中で、時価総額はビットコインの次に多い位置付けになっています。

ビットコインで取り入れられているブロックチェーンの暗号技術を取り入れられているのも特徴です。

しかし、イーサリアムビットは、コインと比べて、その機能が大幅に拡張されています。

その中で、ビットコインと異なるのが、スマートコントラクトという技術です。

スマートコントラストが優れている点

ビットコインのブロックチェーンでは、 取引履歴が取引が行われる人々の各コンピュータにデータとして残るおかげで、例えは悪意のある第三者が改ざんしてもすぐに分かるようになっています。 

尚且つ、取引履歴は全てのコンピュータの多数決により、正しい取引履歴が決まる仕組みなので、実質的に改ざんすることは不可能です。

しかし、従来のブロックチェーンは、通貨のやり取りをした情報しか取引履歴に残すことができません。 

しかし、スマートコントラクトは、ブロックチェーン上にお金のやり取りだけではなく、具体的な契約内容までも、取引情報として、記録することができるのです。

自動的に保存してくれる取引情報

しかも、取引で行われる契約は、取引者の意図とは関係なく、自動的に記録し保存していく仕様となっていますので、 スマートコントラクトを使うことで、送金した日時、実行者などの契約内容が自動的に実行されますので、契約が実行された時点で、その内容はネットワーク上に保存されるようになっています。

ビットコインは、ブロックチェーンでは、全取引記録が管理されていますが、イーサリアムは取引が行なれると同時に、契約内容まで管理してくれるわけです。

そのために、中央機関的な組織を介すことなく、契約内容を自動執行できる点が、スマートコントラストの利点てであり、イーサリアムの大きな特徴となっているのです。

安全な環境下で仮想通貨取引が可能となるイーサリアム

イーサリアムは、スマートコントラクトという機能のおかげで、以前に実施された契約内容を自動的にネットワーク上に保存されることになります。

保存期間も時限的なものではなく、半永久的な形で取り扱われます。

契約経緯から権利譲渡までの履歴をも保存することができるので、信用情報も自動的に保存・蓄積されていくことになります。

これらの全取引にかかる契約内容は、ブロックチェーン上に書き込まれていきますが、分散型のネットワークのコンピューターの中で保存されているので、世界中の監視者が何時でも取引内容の記録を監査したり、確認することができるようになっています。

しかも、不特定多数の人々にオープンになっていることから、偽造や改ざんされることは実質的に不可能だと考えられています。

そのために、信頼性の高いシステムとして仮想通貨の取引で今後も伸びていく仮想通貨です。

イーサリアムで新しいビジネスも起こる?

イーサリアムなどの仮想通貨を一般的な流通ビジネスに組み込むことで、新たなビジネスモデルが確立できる可能性も秘めています。

例えば、流通事業の中では、中間マージンを搾取する業者が存在しますが、スマートコントラクトの技術を利用すると、中間業者なく取引をすることができる可能性が広がってきます。

イーサリアムには中間業者が存在しないことも特徴なので、従来の取引と比べて十分な利益が得られる可能性が期待されるのです。

このようにイーサリアムは、単なる仮想通貨としての役割から新たなビジネス創造が実現できる可能性があるのです。

ビットフライヤー公式サイト|口座開設ページ