初心者の仮想通貨

仮想通貨の仕組み、種類、取引所、ニュースなど書いていきます。20代後半SEがイーサリアム取引体験を元に書いてるブログ。

イーサリアムの2018年はどのように進行する?より開発が進むのかそれとも沈むのか?

2018年になって、イーサリアムの知名度はかなり高くなりました。ビットフライヤーやコインチェック、zaifなどの取引所がイーサリアムを扱っていることで、ビットコインに次ぐ第2の仮想通貨として期待されています。
ビットコインよりも価値を高める状況は、かなり厳しいと言われている中、イーサリアムは2018年、どのような動きをするのか予想してみました。

2018年の当初は高騰を続けていたものの現在は下降基調に

2018年に入ると、2017年までの高騰がさらに続くようになり、年明け早々にはかなり高い状態が続いていました。仮想通貨バブルの影響が大きいのですが、同時にイーサリアムは2018年に高騰するという情報が多く取り上げられたことも影響しています。
しかし、2018年に起こった2つの問題によって、イーサリアムは価値を下げることになります。1つは韓国や中国での仮想通貨規制問題で、これは仮想通貨が使えないのではないかという不安を持たれたので、仮想通貨全体が安くなりました。
もう1つはコインチェックに関する問題です。NEMが流出したことによる問題で、仮想通貨取引所は安全に利用できないのかと言われるようになり、仮想通貨自体の価値を下げる要因になりました。
イーサリアムも、この仮想通貨の下落状況には耐えられず、一気に価値を下げてしまいました。

2018年は大型連休くらいから上昇基調に変化できる可能性も

2017年は、大型連休から徐々にですがイーサリアムの価値が上昇しました。当時は8000円台の金額で推移していたイーサリアムが、大型連休中に1万円まで上昇して、ある程度高い価値を得られるようになったのです。
現在下降基調が続いているイーサリアムも、大型連休中に上昇気配が生まれる可能性もあります。仮想通貨自体の信頼性という部分は、ビットフライヤーなどが安全に取引できるようにサイトの強化を行っているため、仮想通貨の取引自体は落ち込んでいるわけでもありません。取引される回数が多ければ、イーサリアムの価値は上昇に転じる可能性もあります。
また、仮想通貨に関連するコインチェックの問題が、徐々にですが薄れてきたのもいいところでしょう。コインチェックの問題は、ある程度解決したと思われているので、後は企業内で仮想通貨に関連する安全性を高めるようにしていれば、大型連休後にはイーサリアムも高くなるのではと期待されています。

2018年の秋くらいから元の価値を取り戻す可能性も浮上

一部のサイトが見通しとして、予測を出していたデータによると、2018年の秋くらいからイーサリアムは再度上昇基調に戻ると予想されています。下がっている原因が、仮想通貨の規制問題によるものじゃないかと思われていますが、仮想通貨の規制自体の情報が出てこなくなったことで、また保有したほうがいいのではないかと思われるためです。
また、イーサリアムは開発の進んでいる仮想通貨ですから、スマートコントラクトなどを利用してイーサリアムを導入する企業が現れると、一気に価値を高めることになるでしょう。2018年の秋ごろには、もしかしたら企業がイーサリアムを導入するなどの発表があるかもしれません。
そして、仮想通貨自体が上昇に転じていくようなら、イーサリアムの価値は安定して、暴落というものから解放されるでしょう。

イーサリアムはゆっくりと様子を見て価値を確認していく

現在のイーサリアムは、仮想通貨に関連している問題の波を受けています。この波が収まるまでは、様子を見ているといいでしょう。むしろ、今の時点でイーサリアムを購入しているほうが、将来的に暴騰したときの利益を高めてくれます。
仮想通貨を購入したい方は、今のタイミングが一番いいところで、ある程度高くなることを予想して、保有してみるのもいいでしょう。

ビットフライヤー公式サイト|口座開設ページ