初心者の仮想通貨

仮想通貨の仕組み、種類、取引所、ニュースなど書いていきます。20代後半SEがイーサリアム取引体験を元に書いてるブログ。

2018年、仮想通貨チャートは一体これからどうなっていくのか!?バブルなのか?

 

○昨年の仮想通貨を振り返る


投資の世界では、過去に遡ると様々な出来事がありました。しかし、普通の人はあまり積極的に投資には力を入れていないので、現在の50代や60代、さらに上の世代が「バブルの頃は凄かった」、「リーマンショックの株価下落は大変だった」と言われても、若者は何とも思っていなかったですよね。それは、当たり前で、実際に体験していないと何とも言えないですし、想像もできないものです。

しかし、昨年の仮想通貨バブルは(敢えてバブルと表現しますが)、平成生まれが初めて経験した本格的なバブルだと思います。何よりも、本来の意味でのバブル以上の急騰が連日連夜繰り広げた事を考えると、仮想通貨は冷めやすいや熱狂しないなど何かとクールな世代とジャンル分けされる若者が、本当の意味で投資に目覚めた第一歩だと思っています。

昨年の相場を振り返ると、2017年5月ぐらいまでは緩やかな上昇程度だったのです。それでも、ビットコインを始めとした話題のコインのいくつかは、今では緩やかと感じますが、当時はちょっと驚くぐらいの上昇が始まりつつありました。記憶によると、この頃は経済誌やネットの書き込みなどでは、一部で仮想通貨が盛り上がると予測的に書かれていましたが、それを本気で信じる人は本の極僅かな人だけです。それはそうで、本格的に投資をしている人は、株や先物や為替相場があるので、仮想通貨には本腰を入れてないですし、入れる必要もありません。だから、投資経験がない人ほど仮想通貨に興味を持ち始めた頃でもあるのです。
すると、次第に連日高値を更新し続け、8月にはビットコイン価格が50万超えとなたったのです。これはとんでもない事で、1月には10万円台だったものが半年経過した5倍になったのです。仮想通貨しか投資経験がないと分からないと思いますが、株などでここまで短期間で急上昇する事は、ほぼ不可能なのです。

この頃は私も毎日のように、仮想通貨のビットコインやイーサリアムなどのチャートを食い入るようにチェックしていました。心のどこかでは、もう下落するだろうと予想していたのですが、そんな私の過去の投資経験則などはまったく意味がなかった事は、夏が終わり秋から年末にかけての途方もない急騰相場がそれを証明しています。私の調べた結果や、書き込み板、SNSなどの反応からして、投資経験がない人ほど、年末や年始まで粘ってキープして、莫大な大金を稼いだ人が多かったと思います。そして、私を始め投資経験がある人ほど、途中で流れをいち早く降りて、急騰相場を手前で決済して、大きな利益を見過ごしたのです。

○これからの仮想通貨チャートは一体どうなっていくのか?


そして、2018年が始まり4月となった現在では、仮想通貨には逆風が吹き荒れています。昨年はあれだけ調子が良く、過去のバブル相場が比較にならないほど、値を上げていたのに、今度は一気に幕引きのように値が下がっています。そこには、コインチェックの流出騒動を始め、ネガティブニュースが多いのも原因ですが、それ以外にも根本的な原因が関係していると思われます。

仮想通貨を熱狂的に支えていたのは、投資経験者というよりも素人が多かったのは事実ですよね。彼らは、投資雑誌や有名トレーダーの声は注視しなくても、友人や仲間などが仮想通貨から離れると、一気に同調して同じ行動を取ったのです。すると、仮想通貨も過去のバブルと同じように、一気に萎んでしまったのです。

しかし、大事なのはこれからだと思います。日経平均やNYダウ、為替相場でも何でも良いですが、大きく下落し誰もが悲観した後は、何年か経過すると今度は今が買い時だと注目され、再び値が上がる事はよくあります。今の仮想通貨は確かに下がり続けていますが、ここで勝負できる人は数年後に大金を得る可能性がとても高いのです。なぜって、人とは違う行動ができているからです。大多数と同じ行動をしていると、それでは投資の世界では勝てないのです。

ビットコインのチャートを見ていると、今年の1月は大きく値を下げ、2月も同様ですが、4月になると少し落ち着いています。また、あまり取り上げられませんが、仮想通貨に対するポジティブなニュースもいくつか出始めています。第一、数年前は5万円程度のビットコインが昨年末には240万ほどまで急騰したから、現在の70万前後の価格が安く感じるのです。5万と比較すると、現在価格だって十分に高いですよね。だから、想像以上に悲観する事もないですし、かと言って根拠なき熱狂をする必要もありません。冷静に判断するのが一番です。

今後を占う意味では、ビットコインの4月終値がどのぐらいで落ち着くのか? 後は、仮想通貨の取引環境が真っ当な状態になるかの二点を意識しましょう。4月の値下がりが落ち着き、そして仮想通貨取引で大事なスプレッドや様々な手数料が、株やFXのようなトレーダーを大事にする適正な金額になった時、仮想通貨は再び上がっていくと思っています。

○仮想通貨の今後やこれからについてのまとめ


参考にはならないかもしれませんが、今後、仮想通貨取引を始めてみようと思っている初心者なら、上記の事を注意しながら少しずつ分散して余裕資金で購入していくと、今年末や来年には値上がりの喜びを感じられるかもしれません。